I.S.D.Japan株式会社

KAN200/KAN200+

特徴

特徴

2m のフレキシブルなロープ状スピーカー
NL4 コネクターで簡単に連結可能
IP55 設計、野外使用可能
ホワイト/ ブラックのソックスカバー標準添付

アプリケーション

劇場のフロントフィルとして
野外設備スピーカーとして
テーマパーク、アミューズメント
立体音響デザイン 



概要

K-array のアナコンダ KAN200/KAN200+は、今までなかなかカバーできなかった場所を、その見た目通り柔軟にこなすために生まれた革命的なスピーカー・モジュールです。従来のボックス型スピーカーでは解決が難しかった場所、エリア、環境、距離… それらに的確な明瞭度を与え、サウンドプランナーの自由度の向上を目指して設計されました。

使い方はさまざま、コンサートシステムのニアフォロー用として、劇場内のステージフロント、アンダーバルコニー、ウォール、座席下に置いて立体音響空間の再生に、長距離の音途切れのない空間設計、K-array のサブウーファーと組み合わせてフルレンジドライブも可能です。

KAN200は2m のロープ状で最大16 本(32m)、KAN200+は最大8本(16m) まで連結することが出来、連続した音空間を作ることが出来ます。

また、CH1からCH2への切替アダプタ「KAN-LINK」を使用した場合は最大連結本数を2倍にすることができます。

モジュールの先端にはそれぞれNL4 コネクターのオスメスを装備し、簡単に連結できます。

KAN200/KAN200+はIP55 設計、野外での使用も想定しています。アミューズメント/ テーマパーク施設や、駅、空港、商業施設などの公共施設で、特殊なサウンドデザインにフレキシブルに対応します。 また、ホワイト/ ブラックのソックス型ボディカバーが標準添付されています、現場、施設の景観に合わせて付け替えてください。



KAN200仕様

アコースティック

パワーハンドリング 150W 
インピーダンス 64Ω   
周波数特性 150 Hz – 18 KHz. +/-6dB
最大SPL 96 dB 連続- 102 dB ピーク

カバレッジ

水平 160°
垂直 10°

クロスオーバー

タイプ 外部クロスオーバー
周波数 ハイパス@150 Hz, 24 dB/oct suggested minimum

トランスデューサ

フルレンジ 8×1インチネオジウムマグネット   0.75インチボイスコイル

オーディオパワー入力

コネクタ 2×4-pin スピコン(オス×1、メス×1)
配線 1+ 1- (signal IN & LINK); 2+ 2- (through)

サイズ・重量

サイズ 1990 x 56 x 35mm
重量 1.4 Kg

KAN200+仕様

アコースティック

パワーハンドリング 300W
インピーダンス 32Ω
周波数特性 150 Hz – 18 KHz. +/-6dB
最大SPL 102 dB 連続- 108 dB ピーク

カバレッジ

水平 160°
垂直 10°

クロスオーバー

タイプ 外部クロスオーバー
周波数 ハイパス@150 Hz, 24 dB/oct suggested minimum

トランスデューサ

フルレンジ 16×1インチネオジウムマグネット   0.75インチボイスコイル

オーディオパワー入力

コネクタ 2×4-pin スピコン(オス×1、メス×1)
配線 1+ 1- (signal IN & LINK); 2+ 2- (through)

サイズ・重量

サイズ 1990 x 56 x 35mm
重量 1.9Kg

アクセサリー

K-ANLink

KAN用NL4チャンネル切り替えアダプタ

pagetop