I.S.D.Japan株式会社

KMT21 mark I / KMT21P mark I

特徴

特徴

サイズ以上のハイパフォーマンス
パワードタイプ、パッシブタイプの2種類
内臓DSPにプリセットデータを作成、保存
PCによるリモートコントロールが可能
アナログ、デジタル入力を計4ch搭載

アプリケーション

教会、シアター、クラブ
低音域の拡張
常設、仮設のAVシステム







概要

KMT21はツアーリングや設備用途のために設計されたハイパフォーマンスなパッシブサブベースシステムです。

出力は1600wで、このサイズからは信じられないほどの低音とパワーを提供します。

超軽量キャビネットの側面にはハンドポケット、上部にはサテライトスピーカーを設置するための35mmの穴が搭載され、現場でのスムーズな仕込みを可能にします。

インプットは4ch入力DSPミキシング対応で、Ch1・2はアナログ入力(XLR)でプリアンプを搭載しマイクの接続も可能、Ch3・4はデジタル入力(AES/EBU)、またAUX出力も備えているので大規模会場の分散システムなど、プランの幅が大幅に向上します。 バックパネルにはカラー液晶のタッチディスプレイが搭載され、直観的な操作が行えます。

内蔵DSPにはユーザープリセットを作成、保存することも可能です。 EQを含むすべてのDSP機能は、RS485またはUSB接続で外部PCからリモートコントロール可能で、大規模なシステムの設定にも役立ちます。



パワードタイプ仕様 KMT21 Mark I

アコースティック

パワーハンドリング 1600W
周波数特性 30 Hz – 150 Hz (preset dependent)
最大SPL 130 dB 連続- 136 dB ピーク

カバレッジ

水平 Omni
垂直 Omni

クロスオーバー

タイプ DSPコントロール
周波数 150Hz minimum(preset dependent)

トランスデューサ

フルレンジ 1×21インチネオジウムマグネット   3インチボイスコイル

アンプ

タイプ 1モジュール クラスD – DSPコントロール
パワー 2×2400Watt@4Ohm
プロテクション Dynamic limiter, over current, over temp and short circuits

サイズ・重量

サイズ 555x555x763mm
重量 49 Kg

パッシブタイプ仕様 KMT21P Mark I

アコースティック

パワーハンドリング 1800W
インピーダンス 4Ω
周波数特性 30 Hz – 150 Hz.(preset dependent)
最大SPL 132dB 連続- 138dB ピーク

カバレッジ

水平 Omni
垂直 Omni

クロスオーバー

タイプ 外部クロスオーバー
周波数 LowPass 150Hz maximum

トランスデューサ

フルレンジ 1×21インチネオジウムマグネット  3インチボイスコイル

オーディオパワー入力

コネクタ 2×4-pin スピコン
配線 1+ 1- (signal IN & LINK); 2+ 2- (through)

サイズ・重量

サイズ 555x555x777mm
重量 44.5Kg

アクセサリー

K-FOOT2

KK、KP用マウント金具(KMTサブウーファー、K-BASE2、35mmスタンドに使用可)

K-USB

USBからRS485への変換アダプター(K-XF45とK-XM45が付属しています)

K-XF45

XLRメスからRJ45への変換ケーブル

K-XM45

XLRオスからRJ45への変換ケーブル

pagetop